手編み

『手編み』について

手編み』はとても種類が多く、また親しんでらっしゃる方も多いと思います。 種類でいうと かぎ針編み棒針編みアフガン編みゆび編みレース編み・・・など。

糸の種類も 材質の違いだけでなく、ネップヤーン・スラブヤーン・リボンヤーン・・・などたくさんあります。

また模様編みにも、編み込み模様・地模様・アラン模様・パイナップル模様・・・とこれまたたくさんあり、それぞれの組み合わせも考えれば、無数といっていいでしょう。

そんなたくさんある種類の中で、私が多用しているのは、シンプルなメリヤス編みガーター編み と 細い糸の引きそろえ です。

手つむぎ糸の場合は、糸自体の味を出すためにそのまま1本でメリヤス編み方眼編みなど、極シンプルな編地で編み、市販の生成り糸を草木染して編む場合は、極細から合細くらいの太さの糸を何本か引き揃えて編んでいます。

『引き揃え』の魅力

私が引き揃えにする理由は、3つ。
まず、太く厚くして ふわふわ感をアップすること。
違う色を一緒に編むことで 微妙な色合いを出すこと。
そして何より、やわらかく 軽く 仕上がることです。
ふわふわで空気をいっぱい含んでいると、肌触りも良くあたたかくなります。

同じ号数の針で編んでも 太い毛糸1本で編むのと 細い毛糸を数本引き揃えて編むのでは やわらかさ・軽さが全然違ってきます。

違和感なくなじむ組み合わせをつくるときは、3本どりあるいは4本どりの中の1本を細モヘアにして引き揃えます。

また トリコロールカラーやクリスマスカラーのように反対色を組み合わせるときは、できるだけ表面が滑らかで 色がくっきりと分かるくらいの少し太めの中細を引き揃えています。